インタビュー
インタビュー

2024年春から気象キャスターとして活動している栗原キャスターにお話を伺います♪

2023年春から気象キャスターとして活動している栗原麻衣キャスターにお話を伺います♪
 

まずは自己紹介をお願いします!

2024年の春から、khb東日本放送の報道番組「チャージ!」の気象キャスターを担当しています。
初めて住む宮城県で、気象キャスターとして、一児の母として、奮闘しております。

気象キャスターを目指した理由やきっかけはありますか?

以前、NHK鹿児島と前橋でキャスターをしていたとき、大雨などの災害報道にかかわって、より分かりやすい情報を伝えたいと気象に興味を持ったことがきっかけです。
鹿児島にも前橋にも気象キャスターがいて、天気のことや伝え方を教えてもらったりして身近だったこともあります。

オフィス気象キャスターの研修制度はいかがでしたか?

予報士の資格を取得しても、予報をわかりやすい言葉にして伝えるのは別の技術で、気象の原稿を何度も読んできたけれど、実際に書くのは苦労しました。

私は特に天気図を言葉にすることが難しく、また日常使っている天気の用語に関してもあいまいに使っていたのですが、第一線で活躍する知識や経験豊富な気象予報士の皆さんが原稿を丁寧に見て教えてくださいました。マンツーマンで見てもらえるので、わからないことはすぐ聞けて、贅沢な指導をしていただいたと感じます。また、早くからテレビやラジオの出演機会も多くいただいて、出演した際には多くの予報士が見て聞いてくれて、いつもフィードバックをもらえました。成長につながるありがたい環境だと思いました。

今も、予報の面やより伝わる言葉遣いなど、アドバイスをもらって、支えてもらっており、自信をもって放送に臨めています。

気象キャスターの仕事内容を教えてください!

現在担当している番組では、2回出演があります。
主な流れは、出勤後、解析をはじめ、ニュース項目の打ち合わせ、他局の気象情報をチェック、原稿をしたためます。
衣装に着替えヘアメイク、リハ、1回目本番。リハ、2回目本番、反省会、退勤です。
リハから本番の間も実況や予想を確認して、より良い放送に向けて準備しています。
各地の季節の話題などを紹介するお天気中継では、名所などへ足を運んで放送しています。
そのほか、ニュースで天気の原稿があれば確認をしたり、局の方などから普段のロケやイベントの日の天気を聞かれたりもしますよ。

気象キャスターとしてのやりがいはなんですか?

今のところ、私は自分の成長を実感できるときに、やりがいを感じています。
予報士としては気象は勉強すればするほど深く面白い世界だなと思いますし、キャスターとして伝え手としてはどんな構成・言葉選び・表現がよかったかなど、気象キャスターは成長できる部分がたくさんあります。予報が当たった、カメラの前でうまく伝えられた、なぜ外れたのか、なぜ言えなかったのか、毎日の些細な成功や失敗を振り返って、成長を感じています。
その結果、誰かの役に立てたら、誰かの命を守れたら、ますますやってきてよかったと思えるのかなと思います。

気象キャスターを目指している方へのメッセージをお願いします!

本気で目指して努力しているのなら、様々な結果がついてきているはずです。
それが、勉強してきたノートや参考書の山かもしれないし、いつの間にか経ってしまった時間かもしれないし、出会った人かもしれないし、試験やオーディションの結果かもしれません。
自分の過ごす人生に悔いのないように、どんな結果も前向きに、楽しんでください。

栗原キャスターありがとうございました!
栗原キャスターの詳しいプロフィールはこちらからご覧いただけますので、ぜひのぞいてみて下さいね♪

オフィス気象キャスターでは、栗原キャスターのように
全国で気象キャスターとして活動してくださる方を募集しています!
気象キャスターを目指している方々のご応募はこちらから。